塩の鉄路(しおのみち)

研修旅行の報告を簡単ではありますが書き記していきます。

Todoroki【研修旅行 糸魚川・姫川組】

H29研修旅行(糸魚川・姫川組) ←実際に使用された旅程

載せた旅程を参照してもらえば本旅行の大筋はつかめると思います。

「どこ行ったん?」っていう話ですが、糸魚川市です。ザックリと言えば。新潟県のなかでも富山に極めて近いところです。

ただ糸魚川と言えども広大だ。私たちは大きく分けて次の場所に行ってきました。

Ⅰ フォッサマグナミュージアム(糸魚川駅周辺)

Ⅱ 姫川温泉(平岩駅周辺)

Ⅲ 親不知

自分はⅢの発起人みたいな感じですので、そこを中心に話していきます。ⅠとⅡにおいて想い出に残っている出来事も加えつつね。

Ⅰ フォッサマグナミュージアムにて

ここの具体的内容は旅を共にした者が語っているので割愛(特にhttps://ths-r.org/article/2017/03/%e6%99%b4%e9%9b%aa%e7%87%a6%e3%80%85%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6/ これでMinori氏がまとめてくれているので一見を)

ただ、この僕が感動したのはなんといってもこれーーーーー!

[ストロマトライト] これが何か知りたいような者は自分で調べるとよい。

他にも、、、

[アノマロカリス][アンモナイト]

アンモナイトなんかもうピッカんピッカんに輝いていてかっこよかったなぁ。

アノマロカリスは教科書で見た通りでびっくりね。

フォッサマグナミュージアムの抜粋内容はこのくらいです。

ここに行って一つ感じたのは、人それぞれ興味津々に見入るものは違ってくるんだなぁということですね。僕の場合は[化石]でしたが、ひたすら鉱物に見入る某氏や、ヒスイにまっしぐらの某氏もいました。そう考えると、ある意味でこの博物館は多種多様な内容が集約されていたんだ、と思っています。

Ⅱ 姫川温泉にて

朝日荘という湯宿に泊まりましたが、この温泉への再訪は、取材旅行で短時間でしか訪問できなかった時からのかねてからの念願でした。なのでとても思い出深い宿泊となりました。

ここでの滞在の要旨は、これhttps://ths-r.org/article/2017/03/file-4-%e8%b1%aa%e9%9b%aa/(姫川温泉をはじめとする平岩地域一帯を熟知したプロフェッショナルによる投稿)を参考にしてみていただき、私は自分の中での楽しかった想い出を話そうと思います。

朝日荘の露天風呂です。壮大な自然を全身の感覚で感じ取れる場所でした。素晴らしい。

積雪のなかを浴衣で掻き分けていく過酷な体験もできました。そう体験できるものではありませんでしょう。

またこの屋上露天風呂からはこんな景色も楽しめます

大所橋を通り、平岩駅に進入する大糸線キハ120系

これは姫川を挟んでみることができます。こういう景色に弱いです。とても感動しました。

また、大雪のなか、ひたすら上り坂を進み続け、引き返すという面白い(クレイジーな)散策?をしました。

この写真は引き返したあとかな。テンションが若干一名おかしい。このあとセブ島行くのに「風邪ひく」とか言ってたやつが。たのしいね(笑)

姫川はこのあたりにします

Ⅲ 親不知(おやしらず)

北陸道の最大の難所と呼ばれた天険、親不知は、富山にものすっごい近い新潟の端っこにあります。

親知らず

子はこの浦の波まくら

越路の磯のあわと消えゆく

この詩が「親不知」という名の由来とも言われています。

親不知駅に降り立った私たち一行は、まず腹ごしらえに道の駅 親不知ピアパークに向かいました。

この道の駅で食事をし、ヒスイの巨大原石を見学し、海辺でヒスイ探し(波遊び)をし、海鳥に追われて、という風に楽しみました。

ここは道路が海上にあることで有名です。北陸自動車道・国道8号等の橋桁が居座っています。かっこいいよね

そして、ここにはなんと「世界初の海上インターチェンジ」があるのです。北陸自動車道親不知ICです。上の写真で、道路が下に分かれて山側に入っていっているところがIC。はっきりわかりますね()

海鳥。海鳥たち。餌をまくそぶりを見せると大変なことになります。たのしかったです。

海岸はすごかったなあ。爽快でした。押し寄せた波が引くときに、石ころたちがザザザザザと鳴るんです。はじめは何の音かと思いましたが、比較的大粒の石が奏でる音は心地よかった。

波に遊ばれているようである意味一番楽しかったのではないか、と思います。

◎総括

有意義だった。姫川では取材の意味も果たせたので、ジオラマ制作にも役立つだろう。人との出会いもあり、想い出深かった。(とても語りつくすことはできません。)

◎参考・紹介

講談社学術文庫から「塩の道」宮本常一

この一冊を読めば、今回紹介した糸魚川や平岩についてより深く知れることと思います。私Todorokiも読み進めている途中ですが、日本の歴史を食や暮らしから説明する面白い一冊だと思います。ぜひお読みください。

最後に、大糸線を載せて。

だらだらと書いてしまいましたが、お読みいただきありがとうございました。(長文失礼しました)

では、また。

FIN.

酸ケ湯にて

酸ケ湯にて(Todoroki)

―大河ドラマの直虎の毎回のタイトルてき(*)に名付けたが、特に意味はない

 

高校の前期選抜に係る休日を利用して個人的に酸ケ湯をおとずれましたので、報告できたらと思います

 

上野駅から弘南バスパンダ号に乗車し、東北道をひたすらに北上。弘前バスターミナルに到着。

その後、五能線で五所川原を目指しました

津軽鉄道(通称つてつ)に乗りました。ストーブ列車は最高だった

五所川原を発ち、弘南バス青森線で青森駅に向かいました

(弘南バスは本数の少ない五能線を補完してくれますので便利)

そして、、青森駅に着きアウガの駐車場で酸ヶ湯温泉の無料送迎バスに乗車しました

 

酸ケ湯♨到着!

旅館に入るや否や硫黄のにおいがしました。泉質は酸性で、とても強い。

夕食はせんべい汁などの郷土料理を堪能。おいしかった~

有名な千人風呂と呼ばれるヒノキの湯船につかりほっこり。あったまります。

 

翌日、いい日だったので屋根の雪が解けてゴゴゴゴゴゴゴゴと雪が落ちてきました。これにはびっくりしました。人のいないところに落ちるので事故にはなんないんですが。

朝食はバイキング。おなか一杯食事して、出立!

来た道を戻り、青森駅を目指します。

滅茶苦茶きれいな道程。雪は相当あったかと思います

 

青森市街につくと、善知鳥(うとう)神社やアスパム、おさない(食堂)などに寄って観光をしました。

 

青森駅から津軽線で三厩を目指し、折り返して、津軽二股で下車。奥津軽いまべつ駅に乗り換えて新幹線に乗車。

  

津軽二股・奥津軽いまべつ駅は去年の研修旅行で訪問していました駅です。そして第8回高校生全国鉄道模型コンテストに我が部が出展した作品のテーマとなっていた地です。あの時は北海道新幹線開業前でしたので、今回の訪問は新鮮でした。なつかしい気も致しました。

奥津軽いまべつ駅の跨線橋?みたいなガラス張りの通路からちょうどEH800の通過するところが見れました。うれしい~

 

はやぶさ26号で大宮へ…

 

* 「検地がやってきた」「女子にこそあれ次郎法師」「崖っぷちの姫」etc… 有名文学をもじっている。

P.S. 第9回の鉄道模型コンテストのプレスに、先述した「津軽二股駅」を題材にした我が部の作品が掲載されました。詳しくは、高高鉄研のツイートを参照してください!作った当人の私としては恐悦至極にぞんじます。

P.S.Ⅱ 研修旅行の旅程の概形ができました。後日報告いたします。

P.S.Ⅲ 三年生が卒業、完全に部活動を引退されました。大変お世話になりました。これについても後日ゆっくりと語ろうと思います。

 

FIN.

取材を終えて(三か月経った)

Todorokiです。昨日ぶりです。

では、早速、取材旅行のレポートを書いていきましょう、、、

 

ⅰ、まずはfandamentalな部分をお伝えします。

今年の取材旅行、舞台は長野県です。即ち、2017年の第65回翠巒祭では長野をテーマにした展示(巨大ジオラマを含み)を造営する、というわけです。

期間ですが、2016/10/27~/30に渡る旅でありました。群馬県民の日をうまく活用しました。

「取材」旅行:一般的な旅行と比べて異質なんです。というのも写真を撮るのがメインの目的で、写真と言っても、後々その対象を制作することを念頭に置くので、おのずと「普通の人は見ないやろー」っていうような箇所まで撮影が及びます。(とはいえ、ちゃんとおいしいものを味わえるし、観光もできますよ)

 

ⅱ、訪問スポット抜粋

私Todorokiのおすすめスポットたちです。実際どこもよかったんですが、特に鮮烈に印象に残っているところです。鋭意制作中の場所もあり、ジオラマ上に表現されます。

「こういう裏話あるんだねー(笑)」とか思いながら翠巒祭を楽しむ入口になれば幸いです。

姨捨

駅からは夜景が、姨捨公園からは383系のしなのが見れました。ほかにも姨捨SA(長野道)にも足を延ばしました。日本三大車窓なだけあったって感じですね。

 

戸倉上山田温泉

リバーサイド上田館っていう伊藤園ホテルグループのところに宿泊しました。比較的良かったです。ただ客室にムシが出現しました(←!)特にどうこう言いませんが、ムシがでました。(大事なのでリピート)。しかし、お風呂はとっても良かったのです。あいにくの雨でしたが、屋上露天風呂的な開放感たっぷりのあれでした。あいにくの雨でしたが…(冷たかったなぁ。)

すごくロケーションはよくて、交通の便良しです。

あと、コンビニのサンクスかなんかに敷地にある足湯が最高でした。(何回もこの旅行で足湯にお世話になりました。何しろ歩くんで。)

 

長野市街

案外よかったんですよね。期待してなかったんですけど(笑)ここで言う長野市街は善光寺の参道とその周辺を指しているんですが、ここ、歩いていればなんかあります。おいしいものだったり、ノスタルジックなものだったり。私は、個人行動的な時間にテキトーにふらふらして歩いてたんですが、めちゃくちゃおいしいパン屋さん(特にメロンパン)と古本屋さん(アーケード内)が印象に残ってますねー。おすすめです。写真のっけときます。

 

平岩・姫川

ここもほとんど期待してなかったんです。ほんとに。でもね、いったらめちゃよかったんす。大糸線の平岩駅を降りるんですが、南小谷駅よりも北で、長野というよりは新潟の糸魚川に近いところですね。しっかり今年のジオラマにも大きな構成要素として組み込まれていますよ、楽しみにしていてください。

しかし、何がすごかったかって、自然の壮大さですね。あんな感覚は初めてかな。フォッサマグナの谷間に通った一本の線路以外には、「山、山、山、川、川」っていう大自然のロケーション。そして湧出する温泉。自然の恩恵を肌で感じました。ちなみに、姫川温泉と言いますが、入りたかったなぁ。本当に感動しました。とりあえず「すげーー!」ってはしゃぎました。名残惜しかったですね。再訪したいとおもったんです。(これが研修旅行の計画に進展しますがそれはまだ先の話)

 

ⅲ、取材旅行総括

設計者の思想・意図を踏まえながら旅程を調整していったのは、実は私なのですが、大変充実していた、というのが今回の旅行を一言で表す率直で正直な感想ですね。取材の最大目的である、素材となる写真の撮影を全うできたのは勿論のこと、何しろすごい楽しめましたねー。実際に訪れたことでジオラマ制作の幅が広がった感じがいたします。というのも、行って初めて「こんなところあるんだ―」って思う場所って意外とあるじゃないですか。何回か述べたように、期待はしていなかったけれど案外よかった、っていうのが多かったんです。このことが大きな価値をもたらす、そんな旅行になりましたね。行ってよかったと思っています。

かわいいアルクマくんにも出会えましたしー(笑)

 

 

2017年研修旅行について、平岩んところでちょいと触れましたが、惜しくも宿泊することの叶わなかった姫川温泉に一泊という内容で画策している最中です。詳細は近日中にお伝えします。

 

Todorokiさんの私的旅行についても、その時に。

 

長文ご容赦くださいね、ではまた~

FROM(副部長?

あけましておめでとうございます。

本年も何卒変わらぬご支援のほど、よろしくお願いいたします

 

 

(副部長としての文言をまず述べたところで、)

最近は充実している方だと思われるんですね。部活動として。

特に役割分担・分業という側面では一昨年の今頃の段階とは格段にいいと思います。従来の班分けを見直して、地域的な分業に路線を切り替えたのが功を奏したのでしょうか…?

 

さて今年の鉄研は翠巒祭での一位奪取を公式に目標に掲げております。(そうでなければパンテン的にも困惑します。)頑張ります。

 

では私は旅行報告を次回書くとします。遅いと言われるだろうな。前期休みの個人的な旅行の計画も添加しつつ… 乞うご期待(しなくていいよ)

 

じゃっ!

 

 

PS:パンテンとは…翠巒祭実行委員会一般展示班の略称。覚えて置くといいよん。(高高の前期入試に出るかも(大嘘))