秋の記憶

この間のお寺の本堂が完成致しました。

しかし気を休めている暇はありません。果てしない建造物。

 

今回は、昨年秋の信州取材旅行についてです。

まず善光寺。

私達にとっては休日ですが、平日の朝でしたので人は少なく、非常に良い雰囲気でした。なかなか味わえないものだと思います。

一昨年春の御開帳の時も参拝しましたが、人の数は比べ物になりません。戒壇巡りは数時間待ちだとか言っていた記憶があります。

ここが本命の一つであった私は、他のメンバーが長野市内に拡散する中でずっと善光寺にいました。

敷地内を歩き回っていると、善光寺地震慰霊の地震塚や、牛の像(?)があったり。あと本堂の西側の木が多いエリアには、猫を割とよく見かけます。

 

次は穂高です。

聞くからにリゾート感のある地名。

穂高神社もまた、私が特に行きたかった場所でした。詰まる所寺社好きという事です。

建物は非常に新しさを感じます。というか木の色が凄く鮮やか。

そういった意味では、他の寺社と比べて多少の違和感がありました。

この後は近くの蕎麦屋でお昼でしたが、なにしろ時間が迫っているものですから、食事も急ピッチ。もう少しのんびりしたかったものです…。

あ、あとはですね、「リゾートビューふるさと」というリゾート列車が長野で運行していますが、そのうち午前の長野→南小谷の列車では、穂高でしばらく停車して乗客が穂高神社に行ける、という一イベントがあります。

大抵は神社の巫女さんが案内してくれるようで、そのご一行らしき人々を見かけました。

それだけ。

↑HB-E300系 リゾートビューふるさと 南小谷駅にて

 

最後は白馬。

私は以前も泊まったことがありました。やはりこの辺りにはペンションが多く、今回の宿泊もそうです。

この時は旅も終盤に差し掛かり、疲れもあって記憶が他より曖昧です。

見返すと写真も2,3枚程度でした…

ですが景色が良いのは間違いないです。もっとゆったりした旅なら余裕もあったでしょうが…

スキージャンプ。私なんかは生身で高速移動すると気分が悪くなるタイプなので、考えにくいです。そもそもスキーしたことない。

ゲームでは結構やった記憶があります。だから何だって話ですが。

 

まあこんなもんで。色々と収穫の多い旅でした。

(Minori)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です