「もう夜行バスには乗りたくない」&「ここは男子校の文化部ですよ」

どうも、Taurusです。寒空の下で冬の臨時列車の撮影に出かけるのもいいですが、暖かい部屋で模型いじりもいいですね。どうでもいいことです。
プロローグはこれくらいにして本編です。ジオラマ製作には欠かせない、ジオラマのモデルの現地取材に行きました。
どこに行ったか完全には特定できないような感想を一言。
「もう夜行バスには乗りたくない!」 
要は夜行バスに乗って行くほど遠い場所がモデルということです。信玄さんがすでに「大都市」との記述をなさっているので、それと合わせてご想像ください。今回の私の記述で確実に東京説は消えました。しかし、東京から夜行バスに乗ると行ける大都市って実は札幌以外のほぼすべてなんですよね・・・(どこまでが大都市化は読んでいる方の感覚にお任せします。)取材のほうは、大変参考になりました。いいものが作れるといいです。(ここも深く言及できないのが残念)
先日の部活中の一コマ
先輩「某女子校の陸上部には「迷ったらGO!」という教えがあってだな・・・」
私 「先輩、ここは男子校の文化部ですよ」
先輩「・・・・」
女子校の陸上部(=運動部)と男子校の鉄道研究部(=文化部)、正反対ですね。
余談。最初の書き出しは毎回決まった形で鉄道マニア的季節感を出していくことを目指して、「時候の挨拶形式」にしてあります。
それと、本編もほかの人が書いてる活動報告と比べると余談的です。すみません、あまり生真面目な文章を書くのが得意ではなく、「つれづれなるままに」書くのが好きというのが理由です。
それでは、このあたりで失礼します。

投稿者:

TEKKEN

TEKKEN

旧記事などはこのアカウントに関連付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です