信玄之活動日記 十弐月~壱月

こんばんは、寒がりな信玄です。2014年になってからは、初めて書かせて頂きます。
さて、昨年12月の読売新聞群馬県民欄に、鉄研の記事が載りました(何を今更)。その中で、私はインタビューを受けさせて頂きました。私のような下っ端でいいのかなとも思いましたが、素直に言うと嬉しかったですね。これに恥じないようジオラマ作りをしていきたいです。
そんな私は都市班に所属しており、車両基地、駅前の都市、新幹線を担当しています。写真は、都市ベースを手前から見たものです。今まではレールの敷設をしていましたが、終わったのでストラクチャー製作に移行しました。ビル、事務所のようなものを作っているところです。しかし車両基地のところのフレキシブルレールの敷設は本当にきつい仕事でした(その他の在来線、新幹線は全てKATOのユニトラック。手前の色が違うレールがフレキシブル)。部室の外のとても寒いところで行うので、手が動かないこともしばしば。おまけに、まっすぐに敷けなくて敷きなおしに何回かされました。しかし、自分で最初から車両基地を作りたいと言ったり、JR●海道のずさんな保線体制問題があったりするので、できるだけ手抜きをしないよう頑張りました。何回もやり直したり、小鋲を折ったりしたのでベースのベニヤがボロボロ担っている箇所もあります。
これからはストラクチャーの量産、地形作りを行っていきます。いいものが作れるよう、妥協せずにしていきたいです。それでは、またどこかでお会いしましょう。

投稿者:

TEKKEN

TEKKEN

旧記事などはこのアカウントに関連付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です