私は町のなんでも屋

おはようございます。康成です。

 先日のJRのダイヤ改正で、E6系新幹線「スーパーこまち」がデビューしました。E6系は秋田新幹線の車両なので乗る機会は少ないと思いますが、私は「スーパーこまち」という名前が気に入りません。「こまち」に「スーパー」は似合いません!!それに、新幹線は英語で「superexpress」なので、英語の車内放送で「supereKOMACHI superexpress」のように「スーパー」が2回言われることに違和感しか感じられません。こんなに変な名前にするなら、東京~盛岡の連結相手が「はやぶさ」なのだから、かつての寝台特急「富士・はやぶさ」のように、E6系は「富士」にしてほしかったです。
 また、今回のダイヤ改正で、私がいつも使っている八高線の車両が短編成化され、ワンマン列車が増加しました。無人駅ではワンマン列車の後ろの車両のドアが開けられないので焦ります。八高線はそんなに赤字なのでしょうか?高崎付近はかなり混んでいますが…。しかし、ひとつだけ八高線も進化したことがあります。それは、ワンマン運転時の高崎駅到着前の自動放送の乗り換え案内が、これまでは「長野行き新幹線」でしたが「長野新幹線」になったことです。「今更!?」といった感じですね。

 さて、鉄研のジオラマは各班とも作業が進んでいます。都市班はようやく道路の完成が近づき、ストラクチャーの製作も始まっています。郊外班は車両センターの線路の敷設が終了し、情景作り開始。山班と、私も属している田舎班では、地形に石膏を塗る作業が始まりました。また、運転体験のジオラマも地形が出来てきました。
 現在私はジオラマの地形を作りつつ、ストラクチャーの製作をしています。これまでトラス橋などの橋を作ったことはありましたが、ひとりで建物を作るのは初めてです。ストラクチャーの製作はかなり面白いのですが、ここで気づいたのは、クオリティーを追求すると自作でも結構なお金が掛かってしまうことです。部費からお金を出してもらおうとしたところ、現在鉄研の財政は約29,000円の赤字・・・。部費が出ない!!!…っていうか、どうしてこんなに赤字になった??? 無駄遣いはしていないのに…。

鉄研は活動内容と実績の割に部費が少な過ぎです。

 
もっと鉄研の部費を増やしなさい!!!!!!!!!!!!!!

…以上。あっ、そうだ。この間の鉄研旅行の旅行報告を書いていますので、是非「旅行報告」もご覧下さい。

投稿者:

TEKKEN

TEKKEN

旧記事などはこのアカウントに関連付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です