帰りとは何か?

遅れてすいません、気が付きました。

 旅行の話ですよね?(いろいろと違っていたら申し訳ないので)。さて最終日のことを・・・。その前に僕の旅行中の体調の変化を述べた方がいいかもしれません。

 初日
 テンション(緊張)が最大。サンライズに乗る。眠れない。課題をしようと試みる。揺れが思いのほか強く断念、寝て起きてを繰り返して過ごす。

 2日目
 朝起きるととてつもない吐き気に襲われる、なんとかその場をしのぐも前日の寝不足で移動中の記憶をなくす。しかし広島の観光がしっかりできて良かった、お好み焼きおいしい。この日からすでにホームシックになり始める。

 3日目
 寝不足は解決、しかし京都の観光が思った以上に楽しくなりテンションが頂点に。そして調子に乗ってある飲み物を一気飲みする。(後悔)103系はやっぱり面白い。

 最終日
 朝から腹痛に苦しむ、今までの疲労がピークに達しそして重たい荷物をしょってったせいか違和感を肩に感じる。そして眠い。これから書くのはここからです。

 ・・・最終日はまあ京都からの帰りということでひたすら移動をしておりました。課題をやっては睡眠、やってはまた睡眠という。ある種の黄金サイクルを成し遂げました。その日は前日にした阿呆な行為のせいで腹痛が止まらず軽く地獄が見えました。電車のトイレはないところもあり心配していましたが何とか(?)なってよかったです。(まあでも何回かトイレによりましたけど・・・)途中の静岡あたりでくわしくはわかりませんが問題が発生したみたいで焦りましたが、計画が全てお釈迦にならなくて助かりました。(小田原にたどり着ければ問題ない)東海道なので綺麗な海が見えました、が寝てました。さすがに課題がシャレにならなくなってきたので、ひたすらやっていました・・・。課題、ごちそうさまでしたおいしかったです。小田原から湘南新宿ラインに乗り換え高崎へ・・・。東京あたりに入ると安心してしまうのは行きなれているせいでしょうか・・・。いつもは高崎あたりでスカスカの乗車率なのですが、この日はやけに多かった気がします。高崎問屋町駅で降りて家に帰るときに足が限界にさしかかりました。
 
 今回はいろいろと修行のような旅となってしまいましたが、しっかり観光ができて個人的にはかなり有意義なものとなりました。しかしながら体調管理だけはしっかりしようと本気で思った所存です。

投稿者:

TEKKEN

TEKKEN

旧記事などはこのアカウントに関連付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です