渋川の逆襲

 どうも、久しぶりです。

 さて、僕はこの前渋川に行ってきました。理由だって?僕は去年この地を訪れて以来、自分でもおかしいとは思うのですがその雰囲気(主に路地裏)に取りつかれてしまいました。今回も107系にゆられ再び戻ってきました。今回は別のところを探検しようと思いました。住宅街をくぐりぬけると立体交差のようなところがありここで写真を撮ったらどんなに素晴らしいものが出来上がるのだろう(実際は何にも撮れていないことは言うまでもない)としみじみと思っておりました。
 
 幼いころからたびたび渋川駅周辺には例の「祭り」を見に来たことがありました。もちろん車で。ですが電車という別の交通手段を使うと1人で行くからなのか何なのか別の新しい一面を見ることができるような気がするんです。そういうことが起こるたびに「鉄道」も実に奥が深い「道」の一つであるのだなぁと僕は思います。

 さて、日も暮れてまいりましたので僕は「高崎」という名前が入る素晴らしい駅に帰ることにします。帰りは・・・、やった115系だ。僕はこれからもこの道を究めるとまではいかなくても一生追い求めて行きたいという気持ちが確認できただけでもこの時間は決して無駄ではなかったと思いました。

投稿者:

TEKKEN

TEKKEN

旧記事などはこのアカウントに関連付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です