鉄研精彩 絶対値|7| えっ?期末テスト? そんなの知らないよ♪

会長は絶対ではないので(←わかる人にはわかる)、「そんなの知らない」では済まされないのです。それが高々。

えーっと、こんにちは。副部長に就任しました、鉄研一仕事してない内務省です。現在体温38.0℃です(笑)Noteと違って、ここは真面目に。
引継の際に言ったことと被るんですが、一応挨拶を。

「副部長」の仕事って何でしょうか?「部長不在の際にその職務を代行する」?一見ホントっぽいですが、部長がいない場合なんて滅多にない訳で。
つまり、部長がしっかりしていれば副部長は仕事がない、ただの平部員なんです。
でも、じゃあなんで「副部長」なんて役職が存在するのか?仕事がないならいらないんじゃね?
就任早々クビになりそうなので、乏しい頭脳を回転させて考えて、自分なりに答えを出したつもりです。

「部長の一歩先を行く」

つまり、部長が行動するときには、その準備を完璧に終わらせて、円滑に動けるようにするってことです。
喩えて言うなら、部長が部員を引き連れて新幹線で進めるように、先にいて線路を敷く、それが仕事なのではないでしょうか。
あと、鉄研の15人は、誰もが個性にあふれていますが、みんながそれぞれの個性を出しっぱだったらカオスですよね。
鉄研唯一の常識人として、部員を支えて暖かく見守る、そんな副部長になれたらな、って思います。

先代と違って未熟者ですが、今後1年間、高々鉄研をよろしくお願いします。

さてと、明日はインド史の集中講義をしないと…

投稿者:

TEKKEN

TEKKEN

旧記事などはこのアカウントに関連付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です