最後の夏

先日の第60回翠巒祭が終わり、高崎高校23代鉄道研究部の部長になりました、名無しです。水入れした水田に映った自分の姿を見て、もう後1年しかないのかと思うこの頃、3年生が引退し、2年生8名,1年生7名,計15名で新生鉄研が始動し始めました。

今年は"今までにないモノ"を作っていきたいです。先日の翠巒祭でお客様から「前年の組み替えにならないように。」とお声を頂きました。金銭面により、確かにマンネリ化という敵が潜んでます。「その敵をぶち破って、見慣れたジオラマをけりだして」いきたいと思います。

現在鉄研では主にジオラマの修繕と模型コンテストのモジュール作りして、そして新プロジェクトも動きだし始めました。内容は後日。また、車両等の塗装などをしている人も。より完成度の高いモノを目指して作業してます。

今後の展示は、
8月:第4回全国高等学校鉄道模型コンテスト、東京ビックサイトにて。
9月:上信電鉄様にてジオラマ展示
11月:県総文でジオラマ展示

2年生にとって今年の夏は"最後の夏"。後悔しないために日々の活動を大切にしていきたいです。

投稿者:

TEKKEN

TEKKEN

旧記事などはこのアカウントに関連付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です