Note:2011/08/17

ある日のことです。
いつものように高崎線を待っていると、いつものようにE231がホームに滑り込んで来ました。いつものようにドア横の「開」ボタンを押し、いつものように車内へ入ろうとしたとき、ふとこんなことを考えました。

“もし私がこの列車に乗らなかったら、今後の世界は変わるのだろうか”

「バタフライ効果」というものをご存知ですか?
“北京で蝶が羽ばたくと、ニューヨークで嵐が起こる”といった類のもので、ミクロの世界の行動次第でマクロの世界が変化することがありうる、というものです。
(間違っていたらごめんなさい)
‘私’一人は小さな存在ですが、それでも行動次第で世界を変えることが出来るかもしれない(ホントかな・・・)のです。

鉄研は部員10名、運動部などに比べればまだまだ小さな存在です。
ですが、世界を変えられるような、例えば、ご覧になった皆様が「こんな模型を作るなんて高崎高校の鉄研はすごい!入学したら鉄研に入ろうっと!」、という風に思っていただけるような、模型を作っていきたいです。

・・・ってなわけで、明後日から全国高等学校鉄道模型コンテスト、です。
(なんて略すんでしょう?“全鉄コン”、とかでしょうか?)
鉄研一同、目下最後の仕上げを頑張っております。
今回、初出場となる全国高等学校鉄道模型コンテスト、ですが、
(いっそ“鉄道甲子園”みたいな別称はどうでしょう?)
大舞台でも変わらぬ完成度の私たちの力作を、ぜひとも、会場でご覧になってください!

投稿者:

TEKKEN

TEKKEN

旧記事などはこのアカウントに関連付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です