『鉄研精彩』 絶対値|2| ~I want ICHIGAN!~

こんにちは。内務省です。
毎日35℃どころか35℉も超える暑い日が続いています。
(35℉≒1.5℃)

部室内は人口密度が高いのでもっと暑い。
打ち水をしていますが、二重の意味で“焼け石に水”です。
部費は減 らされ る一方なので、クーラーも買えないです。
第一どこに置くんだよ…

鉄研から熱中症患者が出ないことを切に祈る次第であります。

さて、私は先日、3泊4日の関西撮影旅行に行ってきました。
行きも帰りも“ムーンライトながら”の強行軍で、もちろん金がないので青春18きっぷの一人旅です。
楽しかったのですが、帰宅後にたまった宿題という名の魔物を見てくらっとしました。

詳細は部誌に書かせてもらうとして、思ったことを一つ。

“カメラの前を横切らないで…”

確かに往来の激しいところで撮影していた私も悪いのですが、撮影してるのを承知の上で前を横切る人がいるのです。

たかが数mの迂回をしていただくだけでいいのです。
少しでもご配慮していただけると嬉しいです。

最近、マナーの悪い一部の鉄道ファンや、撮影を巡ってトラブルを起こす鉄道ファンの影響で、ただでさえ厳しい一般の人々の私たちへの視線はますます冷たくなってきています。
このままでは鉄道各社は写真撮影を禁止してしまうかもしれません。
少し譲歩・我慢するだけで解決できるのになあ…

某隣国とは違い、我が国の鉄道技術は世界トップクラスを誇ります。
一度、普段は忘れている、こんな素晴らしい国“日本”で列車を追える喜びを、十分に噛みしめながら写真を撮ってみてはいかがですか。

きっと、いつもとはまた違った写真が撮れることでしょう。

投稿者:

TEKKEN

TEKKEN

旧記事などはこのアカウントに関連付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です