特急「水上」臨時化へ・・・

12月4日に、JR東日本で東北新幹線新青森開業によりダイヤ改正が行われます。

群馬県内では、吾妻線のダイヤに変更があったほか、タイトル通り、特急「水上」が利用客減少もあってか、臨時化されることになりました。

定期特急「水上」は最後の上野行きは、高崎駅7番線17:47発で、最後の水上行きは、高崎駅2番線13:21発です。(12月3日)

特急「水上」は185系新特急「谷川」が前身で、 1997年に新幹線の愛称に「たにがわ」が使用されてから、、新特急「谷川」は「水上」となりました。それからずっと特急「草津」と併結して上野―水上間を結んでいた定期列車が消滅してしまうことになります。

これにより、上越線の渋川―水上間には定期列車の特急は寝台特急 「あけぼの」のみとなります。(定期で運転されますが、該当区間の駅には一つも停車しません)

上野―新前橋でみられた185系、二編成14両はの特急「あかぎ」のみとなります。そして、185系は運用が減りますから、今後の動向が心配されます。

  また高崎駅周辺から優等列車がまた臨時になってしまうのですね…残念です。

以上、ポケ鉄でした。

 

投稿者:

TEKKEN

TEKKEN

旧記事などはこのアカウントに関連付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です