Xmas express ?

 長い長い2学期もとうとう終わりを告げ、「もういくつ寝るとお正月~」の歌が自然と頭の中を駆けめぐる季節となりました。毎年何か特別なことをしようと考えつつも、特に何もせず普通にお正月を過ごします、プラットホームです。あっ、でもお年玉はきちんともらいますよ。

 さて、まだ来ていないお正月の話はそのくらいにして、来たる12月24日、終業式かつクリスマスイブという期待と喜びで胸のときめきをおさえきれない方も多いであろうその日に、私達は「世間のクリスマスイベントに対抗しよう。」という部長の提案でクリスマス(イブ)Nゲージ運転会を開催することとなりました。開催地は部室で、KATOのユニトラックで両渡り、ヤードを設置した楕円形複線のフロアレイアウトを利用しました。部員はほとんど全員参加することができました。鉄研らしくクリスマスイブも鉄道と共に過ごしたわけです。

 走行した主な車両は
 E231系(高崎線)/ EF63+183系(本来は189系といきたいところですが、車両がないため代用しました。)/ 681-2000系(北越急行スノーラビット)/ EF55+オハ12系(通称ムーミン)/ コンテナ列車(10両は軽く超している長編成で大迫力)/ 500系新幹線
 などです。
 
 E231系と681-2000系は室内灯も載せてあり、夜景も楽しむことができました。最終的にE231系と681-2000系のどちらが高速で走れるか、どちらの室内灯がきれいに点灯するかと持ち主同士の争いが起こりましたが、おそらく681-2000系が勝ったと思います。なんたって、在来線最速ですからね。

 そんな感じで運転会は終了しました。クリスマスに趣味に没頭するのもなかなか良いのではないでしょうか。
 
 では、今年はこのへんで。今年1年、スイラン祭をはじめとして、鉄研への応援ありがとうございました。来年も高崎高校鉄道研究部をどうぞよろしくお願いします。  

投稿者:

TEKKEN

TEKKEN

旧記事などはこのアカウントに関連付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です