(今の)群馬のE231系を創る(暫定版)

 さて、久し振りに始まりました!「群馬の○○を創る」シリーズ最新版です。

 今回の改造(魔改造)はE231系のスカートが強化型に換装された事に端を発しています。私はNゲージのトミックス製E231系高崎線のスカート交換について「え~!?そんなの後でお富さんが製品化してくれるっしょ!改造すんのマンドクセ('A`)」とか思っていましたが、本当に、しかも完全新規金型で製品化発表されるや否や「メシ食ってる場合じゃねえっ!」とばかりにいてもたってもいられなくなり、挙句の果てに加藤さんの「山手線用(あくまで東海道線用じゃないのがきらきらうえっ!クオリティ。)」のスカートの分売部品を見つけてきてカッターナイフ(あくまでデザインナイフじゃないのがきらきら(以下略))で削ってそれらしくして(あくまで「それらしく」なのがきら(以下略))それを無理矢理搭載したのが画像のE231系です。

 ちなみに画像は左から交換前・交換後&電連無し・交換後&電連付きとなっています。

 なおこの改造は新型スカート発売までの暫定的処置です。もっと細かく改造したい方はこの記事を基に自分なりに頑張って下さい。またこれは「タイプ」ですから、実物そっくりではありません。ご了承下さい。

 肝心の作り方はかなり簡単!インド人もびっくり!まずカトー製のE231系東海道線用スカートのASSYパーツ(無い場合は他線区用を画像のようにひたすら削りましょう。)を買ってきて、スカート支えの「エ」の字状になっている所を切断します。
 そしてトミックス製の先頭車に取り付ける為に接着する所がありませんから0.5ミリ厚位のプラ板をTNカプラーの形状を基に現物合わせで切り出し、スカートの支持用基部とします。
 その後、そのプラ板をまずスカート支えに接着し、接着剤が乾燥してからプラ板と支えを黒く塗ります。そしてそれも乾いたら、やっとTNカプラーに接着します。なお私は純正品発売後のスカート再交換を予定していますから、ゴム系接着剤で取り付け、後で剥がせるようにしました。

※鉄道模型の改造は皆さん自身の責任で行って下さい。改造による不都合が発生してもメーカー及び当部、それと私は一切関知しません。

投稿者:

TEKKEN

TEKKEN

旧記事などはこのアカウントに関連付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です